購書ときどき読書、まれに訪書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幻のロードショウ
古い映画のプレスシートを入手。
stormy weather
"Stormy Weather"(1943制作)については、かつてちょっと触れたことがあります。そのときにも記したように、かの双葉十三郎氏も、アメリカのミュージカル作品としては重要な1本であることはみとめつつ、日本未公開のため観たことがない作品というわけだった(1988年にユーロスペースなどで短期間公開されたことはあったらしい)。
ところが、その"Stormy Weather"の日本でのプレスシートが存在していたということになるわけ。表紙には原題しか掲げてないけれど、邦題は「ジャズ天国」とする予定だったらしい。
もちろん、1988年公開時のものではなく、日本の占領下時代のもの。なぜそれがわかるかというと、配給元(提供)が「セントラル(CMPE)」となっているから。セントラルは、GHQがアメリカ映画の配給のために設立した会社。戦後、1952年まで存在した。
プレスシートがあるということは、フィルムを日本に持ってきて、試写までは企画した、ということでしょう。順調に行けば、その後、一般ロードショウという運びだったのだろうけれど、そこまでには至らず、お蔵入りになっちゃったということなのだと思う。試写のときの日本人のリアクションから判断したのかもしれない。
プレスシートだから刊記などはないけれど、記事を読むと、主演のひとりビル・ロビンソン(Bill Robinson 1878-1949)について「図らずも昨年一月、七十二歳を以て他界した」との説明があるので、1950年の発行と察しがつく(それにしても、年齢が数え年ですぜ)。
"Stormy Weather"はすばらしい作品だと思うけれど、60年前の日本では、いまいち興行価値がないと判断された模様。一度、大スクリーンで観てみたい。
スポンサーサイト

テーマ:古本 - ジャンル:本・雑誌

初代中村吉右衛門の映画
本日午後、坪内逍遥博士記念演劇博物館の主催の演劇講座として、「初代吉右衛門映画祭Ⅰ」なる企画が開催された。
このイヴェントの主催の博物館では、初代吉右衛門の企画展示(生誕125年記念?)が開催中で、それとタイアップした企画でしょう。
初代吉右衛門は、主演の舞台を記録した映画を3本遺している。「寺子屋」「熊谷陣屋」「盛綱陣屋」の3演目だが、そのうちの「熊谷陣屋」を本日は上映。前後に、朝日新聞の歌舞伎評でお馴染みの児玉竜一氏の解説が入る。
私は、今から四半世紀ほど前に、同じ箇所が主催した講座で、初代吉右衛門の「盛綱陣屋」は観ているが、「熊谷陣屋」は、今日が初見。
現今の舞台ではめったにお目にかかれない、相模の入り込みや弥陀六詮議の場まで含めたいわば「完全版」。監督はマキノ正博。
撮影は昭和25年1月29日、東京劇場(歌舞伎座はまだ開場していない)。今から約60年前の「熊谷陣屋」演出の記録としても、興味深い点が多々あったけれど、解説の児玉氏によれば、この映画、制作の目的などについては、いまひとつよくわかっていないもののようである。
さて、ここに1冊のパンフレットがある。
寺子屋
今回の博物館の展示にも並んでいたが、たしか去年の古本市で入手したと記憶する。初代播磨屋、もう1本の映画を一般公開した際に売り出したものらしい。これも、演劇博物館はフィルムを持っているらしいが、私はまだ未見。
で、このパンフレットをみると、吉右衛門の映画としては、こっちの方が先に撮影されているらしい。パンフの中で、吉右衛門が「映画を撮りましたのは、今度が全く初めてでございます」と述べている。しかし、「昭和26年6月2日発行」となっている。まずは東京(歌舞伎座か?)で公開されたのだろうが、詳細不明。当方所持のパンフには、7月16日から25日まで、京都南座で公開されたときのチラシが挟み込まれていた。いずれにせよ、一般公開は昭和26年夏だったようで、このパンフの裏表紙に「近日公開!」として、本日上映の「熊谷陣屋」の予告広告が掲載されている。つまり、撮影から1年半ばかり公開されなかったことになる。これは、その間、お蔵入りになっていた、というより、そもそも、日本での一般公開が最初から前提にはなっていなかったフシがあるためらしい。そのあたりのことは、本日会場で配布された資料に掲載の、制作当時の各種報道記事からうかがえる。
「熊谷陣屋」は、監督をしたマキノ正博の証言だと「普通に客を入れた状態で、東京劇場の楽日に撮った」(1990年のインタビュー記事、本日の配布資料にあり)由であるが、昭和25年1月の、東京劇場での「熊谷陣屋」の上演記録は、ない。また、それ以前に撮影と思われる「寺子屋」は、パンフ裏見返しの河竹繁俊の文によると、名古屋の御園座で4日間かけて撮影した由であるが、これまた昭和24年ないし25年の名古屋での「寺子屋」上演の記録も確認できない。つまり、吉右衛門劇団の公演のついいでに記録を撮ったのでなく、わざわざしつらえて撮影しているらしい。ちょっと調べれば、もっと詳しいことはわかるのだろうけれど、案外、基本的なデータが揃っていないような気がする。
本日上演のフィルムは、吉右衛門の手許に遺されたもので、フィルムの冒頭にも「波野家蔵」というクレジットが入る。上掲パンフによると、映画の制作元は「プレミヤ映画株式会社」で、提供は「歌舞伎映画社」となっている。しかし、本日のフィルムの巻末には、名前は失念したが、テレビ制作会社風の社名がクレジットされており、かつ、出演者のひとり、沢村訥升に「現・宗十郎」との断りがついているので、これは8代目宗十郎襲名後(昭和28年以後)に、別の会社が再編集かリプリントしたフィルムではないか、という気もする。
そもそもの「熊谷陣屋」は、パンフによれば、「寺子屋」ともども、パートカラー作品だった。「寺子屋」は、首実検からいろは送りの箇所がカラーになっていたらしいが、「熊谷陣屋」は、どのあたりだったろうか?思うに、義経の出から首実験を終えたあとの熊谷の引っ込みのあたりまでだったのじゃないか、と想像する。撮影時期でいえば、「カルメン故郷に帰る」の公開の1年以上前である。カラー版のフィルムは、残ってないんだろうか?

テーマ:古本 - ジャンル:本・雑誌

わが心の歌舞伎座
わが心の歌舞伎座
(松竹株式会社演劇開発企画部事業室,2011.1.15,60頁,¥1,200円〈税込〉)

昨年4月に建替えのため閉場した歌舞伎座の、最後の1年に焦点を当てたドキュメンタリー映画(監督:十川壮吉)。現在の歌舞伎界の代表的俳優11名(芝翫・吉右衛門・団十郎・玉三郎・富十郎・勘三郎・幸四郎・梅玉・仁左衛門・藤十郎・菊五郎)が登場して、歌舞伎座の思い出を語り、お名残興行を中心とした舞台の姿が挿入される。
いやぁ、面白かったです。160分の上映時間があッという間です。
舞台姿は、単なる劇場中継の切り取りではなく、この映画のために考えられた、異常なまでに俳優に接近したアングルからのシーンが中心。そうすることで、ほんの1カット、1分とか2分の映像で、それまでの舞台のドラマ性が一瞬に凝縮されたような濃厚な醍醐味を味わうことができるよう工夫されている。逆にあのアングルで1時間、2時間見せられたら、ゲンナリしちゃうでしょう。NHKや歌舞伎チャンネルから借りた映像も利用しているが、その場合は、画質が荒くなるのを覚悟で、あえて俳優の姿が場面いっぱいになるように切り取って使用していると思われる箇所も何箇所かあった。
エンドロールの最後に、封切直前に逝った富十郎への哀悼の辞が示される。この映画の中ではとっても元気そうにコメントしているんですけれどねぇ。

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

「あれはブラックホールじゃない。ブラックホールっちじゃ!」
たまごっち

なにもきいてくれるな。

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

映画「ヘアスプレー」
ヘアースプレー

ヒロイン(トレーシー)役のニッキー・ブロンスキーの笑顔のアップを観るだけでも価値のある作品。いや、この映画の最大の価値は彼女の笑顔かもしれない。いい顔してるワ、ほんと。
公民権運動が盛り上がっていた1960年代初頭の、アメリカはボルチモアが舞台。公民権運動がモチーフにはなっているけど、お話はいたって予定調和。日本で、民族差別や部落差別の問題を、この乗りで映画化なんかしたら、そのスジから顰蹙買うかもしれない。まァ、それぐらいに、みごとにミュージカルの楽しさを体現してくれています。

テーマ:**本の紹介** - ジャンル:本・雑誌

ドリームガールズ
DREAMGIRLS

(東宝(株)出版,2007.2.17,28頁,\600〈税込〉)
見事な映画です。いいです。
1960年代の風俗がよく再現されていて、それだけで見応え充分。
ジュディ・ガーランドを心の女優と仰いでいるという当方の趣味からおわかりのとおり、映画をとおしたあこがれの時代は1930年代・40年代なのだけれども、この映画で描かれる60年代風俗も実にいい。
上掲の写真も、そんな60年代っぽさがよくあらわれているという意味で、あえてパンフの裏表紙をば。
考えてみると、2007年の現在、60年代の風俗に憧れながらミュージカル・シーンを見るって、つまり公開当時の「ザッツ・エンターテインメント」の観客が、フレッド・アステアやエレノア・パウエルを憧憬のまなざしで見てるのと、時間的な感覚がほぼ同じなのね。つまり、そういう魅力がたしかにある、という作品。
ストーリーはかつてのMGMミュージカルのような予定調和なものではなく、もっとシリアスな展開。でも、救いようがないままハイおしまい、ではなく、やっぱり充分なカタルシスとともにいい気持ちで見終わることができる。

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

父親たちの星条旗
父親たちの星条旗


(松竹株式会社事業部,2006.10.21,40頁,700円〈税込〉)

映画や芝居のプログラムやパンフレットも本ですわな。
私は基本的に映画は楽しみのために観るものと考えているけれど、なんとなくある種の義務感のようなものを予感して観に行くことがある。クリント・イーストウッドが監督した「父親たちの星条旗もそんな作品だった。
「予感」は間違っていなかった。
戦場の臨場感をきわめてリアルに描いており、高い緊張感が続くが、この映画を「反戦」という主張に単純に結びつけて理解するのは、少し浅い理解なのじゃないか、と感じた。むしろ主題は、極限状況において生じる不思議な連帯感といったものを描くことにあるように感じる。それは戦場というきわめて特殊な環境でしか生じない独特の交感なのだが、それを子どもの世代がどうのように理解し受け入れるか、というテーマも扱っている。
同じ戦局を日本側から描いた「硫黄島からの手紙」の方も、2日後に観に行った。

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。