購書ときどき読書、まれに訪書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『直筆で読む「坊ちゃん」』(集英社新書)
直筆で読む「坊っちやん」 (集英社新書 ビジュアル版 6V) 直筆で読む「坊っちやん」 (集英社新書 ビジュアル版 6V)
夏目 漱石 (2007/10)
集英社

この商品の詳細を見る

(2007.10.22,394頁,¥1,200〈本体〉)
「やりゃァがったね、どうも」――新聞広告で発売予告を見つけたときの感想はまずそれ。
直筆原稿の総カラー写真版です。これね、常識的に考えると、ものすごいコストがかかる仕事だと思うんですよ。世の中には、専門家を相手にした、古写本の写真版が山ほど出版されてますが、いずれも定価は相当な高値に設定されるものなのです。「坊ちゃん」の原稿は約150枚。つまり見開き1枚だと原稿の写真だけで300頁。そのていどのボリュームの写真版だと、定価1万円前後が相場じゃないですかね。しかも大概は白黒写真版です。オール・カラーなんてったら、その倍ではすまないかもしれない。
それは、普通そのての写真版が専門家相手の小部数出版だからです(だいたい300部前後ってところでしょう)。そこを、漱石の「坊ちゃん」という知名度にすがって、薄利多売を旨とする新書版で出したら、もっと極端に安い定価設定ができるはず、という企画だろうと思います。「1,200円の新書版なんて」などと言ってはいけません。この定価は奇跡です。
でね、やっぱりオール・カラーはいいです。新書版にするためにかなり縮小はされているけれど、読みやすくて、現物の雰囲気がよく伝わってくる。たぶん、出版する側にとっても、実験的な試みだと思う。正直、元取れるのかな?と心配しなくもない。でも、これがそれなりに当たったのだったら、もう何点かこのコンセプトで出版してもらいたい。芥川や太宰の短編だったら、可能性アリか。
スポンサーサイト

テーマ:**本の紹介** - ジャンル:本・雑誌

双葉十三郎『ミュージカル洋画 ぼくの500本』(文春新書)
ミュージカル洋画ぼくの500本 (文春新書 593) ミュージカル洋画ぼくの500本 (文春新書 593)
双葉 十三郎 (2007/09)
文藝春秋

この商品の詳細を見る

(2007.9.20,398頁,\950〈本体〉)
なにごとも「年の功」はヤッパリ偉大だと思わざるを得ません。
80年間映画観てきた人にはかないませんは。
で、今回はミュージカル映画500本。
当方も(アメリカのそれ中心だけど)ミュージカル好きなので、自分の感想と御大の評価とを比べながら読む楽しみがある。
で、ひとつ自慢。
本書の最後に「ぼくのミュージカル映画小史」という一文が入っていて、その中に、「未見の三本とわがごひいき」という一節では、さすがの著者も日本未公開などの事情で作品じたいは観ていないけれど、ミュージカルの歴史を述べる中で触れておきたい3作品というのが挙げられている。曰く、「Till the Clouds Roll By」(1946),「Words and Music」(1948)そして「Stormy Weather」(1943)。でね、私、これ3本とも観てます。天下の双葉十三郎が未見の3作品を観てんだぞ!まァ全部ビデオでですけどね。「Till the Clouds Roll By」は安売りDVDにもなってるので、今では日本で見るのも簡単(御大もビデオでは観たようです)。「Stormy Weather」は、実は20年ほど前に1度ミニ・シアターで日本公開された(らしい)。

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。