購書ときどき読書、まれに訪書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京古典会入札下見
東京古典会入札下見

恒例のイベント。当方、とても入札に参加できるような財力を持ち合わせておりませんが、とにかくホンモノの古典籍が直に手にとって眺められるので、このところ欠かさず出かけております。
今回は、また『万葉集』の写本が出るという。実見してみると、薄手の紙に小字でびっしりと『万葉集』全文が3冊の冊子に書き写されていた(但し、目録は省略されている)。予想通り版本の写しと思われるけれど、欄外に相当量の書き込みがあるのが特徴。しかし、これも、どうも『万葉代匠記』からの抜書きが中心のようだ。
薄手の紙を用いて、なるべくコンパクトに全文を収めようとしているところから、おそらく江戸後期の研究者が、携帯にも考慮して書き写したものだと思う。全文を書き写し、その後、『代匠記』も読みながら注を摘記して行く――その作業を成し遂げるだけで、そうとう万葉の本文が頭に入っちゃうだろうと思う。昔の学問は、「書写して覚える」というプロセスがかなり重要なものとして存在していたのだと思う。
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

映画「ヘアスプレー」
ヘアースプレー

ヒロイン(トレーシー)役のニッキー・ブロンスキーの笑顔のアップを観るだけでも価値のある作品。いや、この映画の最大の価値は彼女の笑顔かもしれない。いい顔してるワ、ほんと。
公民権運動が盛り上がっていた1960年代初頭の、アメリカはボルチモアが舞台。公民権運動がモチーフにはなっているけど、お話はいたって予定調和。日本で、民族差別や部落差別の問題を、この乗りで映画化なんかしたら、そのスジから顰蹙買うかもしれない。まァ、それぐらいに、みごとにミュージカルの楽しさを体現してくれています。

テーマ:**本の紹介** - ジャンル:本・雑誌

荻生待也『図説ことばあそび 遊辞苑』(遊子館)
図説ことばあそび遊辞苑 図説ことばあそび遊辞苑
荻生 待也 (2007/10)
遊子館

この商品の詳細を見る

(2007.10.19,390頁,¥15,000〈本体〉)
古今東西のあらゆることば遊びを、著者独自の分類によって体系化した事典。タイトルどおり図版も豊富で、見ても読んでもなかなか飽きない。読者がどんどん用例を付け足して行ってもいいかもしれない。
口絵の幕末の判じ絵がカワイイので一部を紹介↓
判じ絵

テーマ:**本の紹介** - ジャンル:本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。