購書ときどき読書、まれに訪書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一坂太郎『仁王 知られざる仏像の魅力』(中公新書)
仁王―知られざる仏像の魅力 (中公新書)仁王―知られざる仏像の魅力 (中公新書)
(2009/04)
一坂 太郎

商品詳細を見る

(2009.4.25,308頁,\940〈本体〉)

仏像本がこのところ大手出版社の新書から何冊か出たけれど、私が買う気になった唯一の本が、これ。
いいところに注目したと思う。けっこう方々の寺院にあるものの、あまりメインに注目されない仏像、それが仁王像だと思う。でも、端正な顔立ちの如来・菩薩像に比べて、個性的な造型が多いんですよね。当方、子どものころは、仏像オタクでした。小学校のときの趣味は「寺巡り」。だから、本書収録の我が出身県の仁王像4対は、もちろんすべて見ています。でも、全国にはまだまだ未見のものがいっぱいある。本書を片手に、久しぶりに各地の寺巡りをやってみたくなった。
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

最近、けっこう文献調査に出かけてる
肥前国風土記
木曜日は勤務が入っていないので、日中は自分のやりたい仕事にあてることにしている。
このところ、方々にかねて見たいと思っていた文献を拝見しに出かけている。
4月最終週には、千葉県の松戸の某所へ。昨年の夏に新聞記事になったある事柄に関して、ウチに関連資料がありますよ、と教えていただたものを、ようやく調べに行けた。ホホウこりゃァすごいわ。
で、先週は都内目黒区の某所へ。こちらは今年度から採用された研究助成関係。拝見した文献については、故人になった某著名研究者が書誌を公表しているのだけれど、あれぇ、違うじゃん…。帰宅して調べたら、同じ人が同じ文献について、研究書と注釈書とで異なる書誌報告をしていることに気付いた。やっぱり現物は見ないといけません。
さて、掲げた画像ですが、これは架蔵の『肥前国風土記』の写本。明治の写しだけれど、いままで存在は知られていながら現物が確認されなかった写本と同じ奥書を有する一本(詳しくは某研究会の機関誌・第41号の拙稿参照)。最近、この本文の画像を加工したものが、中国の某研究機関のサイトに全文掲載されていることに気付いた。ええぇ!なにも聞いてないないなァ。まァよく存じ上げている方が所長をなさっている機関だから、いいんですけどね。しかし、私の個人蔵書なんだけれど、大学図書館が持っているものとして紹介されている。誤情報はいけません。でも正式に掲載連絡受けてないから、教えてあげない。
今回の記事は某だらけ。

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。