購書ときどき読書、まれに訪書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西原理恵子『油爆老媽』(南海出版公司)
油爆老媽・螃蟹妈妈篇

西原理恵子

商品詳細を見る
油爆老媽・螃蟹妈妈篇


(2008.11,77頁,20元)
つまり、サイバラの『毎日かあさん・カニ母篇』の中国語訳です。中国でもウケるんですかねぇ。オビの惹句には「蜡笔小新媽媽版」って書いてある。「クレヨンしんちゃんのお母さん版」ってことか。
日本版は文字はタテ組で頁も左から右へめくって行く装丁だけれど、中国版は横組で右から左へめくる体裁になっている。その結果、なんと絵が左右反転(つまり写真の裏焼き状態)に処理してある。日本のコミックの海外版って、みんなそうなんですかね?
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。