購書ときどき読書、まれに訪書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『空海からのおくりもの 高野山の書庫をひらく』


(凸版印刷株式会社・印刷博物館,2011.4.23,247頁,\2,000〈税込〉)
先月の下旬から始まった企画展示の図録。
始まって1週間ほどたった祝日(4月29日)に行ってきましたが、会場はガラガラ。なんとも理想的な空間です。
「空海」とか「高野山」の名に惹かれて、どんな美しい密教美術の数々が展示されているのだろう、という期待とともに行くと、幻滅間違いなし。要するに、高野版を中心とした、中世日本の版本の特集です(宋~明の版本も若干あり)。しかし、これがまたマニアックな品揃えで、ちょっとこれまでにない規模なのではないかと思われる。
観覧者のほとんどいない空間に、ズラッと陳列された中世版本の数々は、なかなか壮観ですわい。
展示の詳細は、そちらのサイトでご確認のほどを。
展示図録にも感心させられました。上掲の画像では、表紙しか見えませんが(しかも当方のスキャナの不具合からヘンな筋が入ってしまってます)、この表紙は、黒地の紙に黒く経典の文字が少し盛り上がって印刷されているんですが、ご覧になってお分かりのとおり、文字が裏文字になっている。つまり、「版木」のイメージですわ。実際、高野山に現存する版木も、多く展示されている。
しかも、ふつうクルミ表紙にするところを、わざとオモテ・ウラの表紙を別にして、背表紙をつけない特殊な装丁を採用している。背の様子がわかるように撮影した画像がこれ。↓

現代の書籍というのは、つまり伝統的な装丁で言えば、「列帖装」に相当するんだ、ということがよくわかるユニークな装丁。ご趣向ですなァ。
敢えて集客しないのも、きっと博物館側の心憎い演出なんじゃないかしら。
こういうものが好きでたまならない人、必見の企画。
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。