購書ときどき読書、まれに訪書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日買った本
硬軟取り混ぜて7冊ほど。
日本後紀(上)全現代語訳 日本後紀(上)全現代語訳
森田 悌 (2006/10/11)
講談社

この商品の詳細を見る

まずはお堅い方から。
『日本後紀』の文庫本が出る、ということがそもそも驚きなのだけれど、中身を見てみたらなんと原文付。講談社学術文庫では、これまでに『日本書紀』『続日本紀』が出ているが、原文付は初めてだろう。全3巻の予定の由。
他に、
・鳥越健三郎『出雲神話の誕生』(講談社学術文庫,2006.10.10,253頁,\880〈本体〉)
・山川菊栄『覚書 幕末の水戸藩』(岩波文庫,7刷,453頁,¥860〈本体〉)
・小池寿子『死を見つめる美術史』(ちくま学芸文庫,2006.10.10,\246〈本体〉)
お次は軟らかい方。
官能小説用語表現辞典 官能小説用語表現辞典
永田 守弘 (2006/10)
筑摩書房

この商品の詳細を見る

「赤い傷口」「赤いしずく滝」「赤いダリア」「赤い沼」「赤いビロード」…
他に
・小沢昭一『珍奇絶倫 小沢大写真館』(ちくま文庫,2006.10.10,342頁,\950〈本体〉)
そして、硬いんだか軟らかいんだか、よくわからない本。
西鶴と浮世草子研究 (Vol.1) 西鶴と浮世草子研究 (Vol.1)
中嶋 隆、篠原 進 他 (2006/06)
笠間書院

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。