購書ときどき読書、まれに訪書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CD-BOX『上海老歌』(中国唱片上海公司出版)
上海老歌上海老歌
商品詳細を見る

(CD20枚組,中国唱片上海公司出版,解説書252頁)
租界時代から内戦終結までの中国の大衆歌謡(popsongs)を集めたCD-BOX。ジャズ調・伝統曲調渾然とした曲の数々。
ご存知の通り、このころの日本の歌謡曲も、ジャズ調あり、演歌調あり、そして“支那”調ありで、状況的にはこのCD-BOXに収録された曲の数々と響きあう部分が大きい。日本と中国の距離が、ある意味で現在よりももっと近かった時代だと思う。私にはそのつもりはほとんどないけれど、日本の戦前・戦中の歌謡曲を論じるには、同時代の中国の歌謡曲を視野に入れないわけにはいかないのではないか、と改めて実感した次第。李香蘭もちゃんと入っています。
中国のアマゾンから取り寄せたが、輸送費込みでも5,000円程度。充実した解説書もついており、お得感充分。

400曲ぐらい入っている曲の中で、一番びっくりしたのは、白虹という女性歌手がうたう「別走得那麼快」という1曲。1948年制作の「霧夜血案」という映画の挿入曲らしく、作詞/文超・作曲/荘宏とあるものの、あきらかにアメリカ映画「The Harvey Girls」(1946)の主題歌「On The Atchison, Topeka And The Santa Fe」をちょっといじったもの。YOU TUBEで聞き比べができます。
白虹「別走得那麼快」
「On The Atchison, Topeka And The Santa Fe」
本CD-BOXには、海外の曲のカヴァーはあえて入れてないようだけれど、きっと少なくなかったはず。上記の「別走得那麼快」はたまたま入っちゃったものだろうけれど、他の曲も聞いてみたい。
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。