購書ときどき読書、まれに訪書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日買った本
サンカの真実三角寛の虚構 サンカの真実三角寛の虚構
筒井 功 (2006/10)
文芸春秋

この商品の詳細を見る

子供の頃から、「サンカ」というものになぜか興味があった。だけど三角寛の著作は存在は知っていても、現物を見る機会がほとんどなかった。すでに稀購本だったのである。近年、三角の著作がまとめて出版され、サンカに関する著作もボツボツ出るようになった。が、本書のまえがきを読むと、三角のサンカ本は、ほとんどずべてが「ウソ」だ、というのである。それだけでインパクト充分。三角と交流があった元サンカに直接取材し、三角の「ウソ」を暴いて行く…
芸術とスキャンダルの間――戦後美術事件史 芸術とスキャンダルの間――戦後美術事件史
大島 一洋 (2006/08/18)
講談社

この商品の詳細を見る

掲げたのは講談社現代新書からの新刊だけれど、今月になって平凡社新書からも、大宮知信『スキャンダル戦後美術史』というものが出版された。異なる会社の新書から、ほぼ同時期に似たテーマの新刊。わずか2ヶ月の違いだけれど、遅れた方は、ちょっと口惜しいのじゃないかしらん。
今回は、世間を騒がせたウソを扱ったものが多くなった。たまたまなんですが。
他に、
・ミシェル・フイエ『キリスト教シンボル事典』(武藤剛史訳,白水社・文庫クセジュ)
・桂文我『落語「通」入門』(集英社新書)
・水木しげる『貸本まんが復刻版・墓場鬼太郎1』(角川文庫)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。