購書ときどき読書、まれに訪書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中野三敏『写楽―江戸人としての実像』(中公新書)
写楽―江戸人としての実像 写楽―江戸人としての実像
中野 三敏 (2007/02)
中央公論新社

この商品の詳細を見る

(2007.2.25,202頁,\760〈本体〉)
「写楽は誰か」――繰り返し取り上げられてきたこのポピュラーな「謎」が、実は謎でもなんでもなかった――つまり、そういう本。
「だって、『増補・浮世絵類考』に「阿波藩の能役者・斎藤十郎兵衛」って書いてあるじゃん」筆者の論旨はつまりそういうことだ。従来の諸論は、『増補・浮世絵類考』の記述は信用できない、というのが大前提になっていたのだが、なんでそんなことが「常識」になってしまったのか、この本を読むと、ホントウに不思議でならない。
『類考』の記述を強力に裏書する『江戸方角分』の紹介と相俟って、もう「写楽は誰か」なんてことに浮かれている段階ではないような気がする。しかも、本書の論旨は、すでに30年前に提唱済みだった。
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。