購書ときどき読書、まれに訪書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一ノ瀬俊也『戦場に舞ったビラ』(講談社選書メチエ)
戦場に舞ったビラ――伝単で読み直す太平洋戦争 戦場に舞ったビラ――伝単で読み直す太平洋戦争
一ノ瀬 俊也 (2007/03/09)
講談社

この商品の詳細を見る

(2007.3.10,277頁,¥1,700〈本体〉)
「伝単」というものが、かつて戦場の上空から降ってきた。いや、今でも方々の戦場の空からは「伝単」は降ってきているんだろうな、きっと。
「伝単」とは、敵の戦意喪失を狙った情報宣伝ビラ。日中戦争時から太平洋戦争中に撒かれた「伝単」の実物写真を豊富にとりまぜつつ、「目で見る太平洋戦争史」を綴った書。
掲載の「伝単」はほとんど著者の所蔵だそうな。
スポンサーサイト

テーマ:**本の紹介** - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。