購書ときどき読書、まれに訪書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画「ヘアスプレー」
ヘアースプレー

ヒロイン(トレーシー)役のニッキー・ブロンスキーの笑顔のアップを観るだけでも価値のある作品。いや、この映画の最大の価値は彼女の笑顔かもしれない。いい顔してるワ、ほんと。
公民権運動が盛り上がっていた1960年代初頭の、アメリカはボルチモアが舞台。公民権運動がモチーフにはなっているけど、お話はいたって予定調和。日本で、民族差別や部落差別の問題を、この乗りで映画化なんかしたら、そのスジから顰蹙買うかもしれない。まァ、それぐらいに、みごとにミュージカルの楽しさを体現してくれています。
スポンサーサイト

テーマ:**本の紹介** - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。