購書ときどき読書、まれに訪書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年 国際稀覯本フェア
国際稀覯本フェア

東京国際フォーラムで本日から3日間開催の「国際稀覯本フェア」に行ってみる。
品物の搬入などの都合からだろうが、開会が午後5時という遅い時間。開場少し前に到着すると、当方同様、開場待ちの人が20人くらいいた。中に知り合い2人。
定刻に開場。中に入ると、1店舗1坪くらいのスペースで、参加古書肆がひしめいている。
とりあえず、今回展示の品物中で最高額が付いている『新撰六帖題和歌』写本の展示されているブースへ。鎌倉中期の写本の由で、お値段は4,800万円。当方にはすでにリアリティを超越した世界なので、値段が妥当かどうかはもう関心の外だけれど、とにかく美麗な本。とても700年以上前のものとは思えない保存状態。
そのほか、じっくり見て行けば2時間ぐらいは潰せるイヴェントだろうが、古書会館の入札下見などとは違って、各ブースには店員さんがはりついていて、古書にはすべて値札がついているので、ひやかし半分にぶらぶら見て回る、というのはちとはばかられる。30分ほどで退場。
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。