購書ときどき読書、まれに訪書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
纐纈久里編『妖怪カタログ』
妖怪カタログ
(2008.10.23,111頁,非売品?)

神保町で和本類を専門に扱っている古書店「大屋書房」の4代目が編集した古書目録。
意外なことに、大屋書房単独の目録は半世紀ぶりの刊行だそうだ。しかも、ただ新入荷の品々を並べたものでなく、タイトルのとおり、「妖怪もの」ばかりの特集。こりゃァすごい。
おなじみの『百鬼夜行絵巻』の各種写本・刊本をはじめ、江戸期・明治期を中心に、あるわあるわの261点。写真はオール・カラー。装丁もご覧の通り凝ったもので、内容ともども、後世このカタログじたいに古書としての価値が出るんじゃないでしょうか。
もちろん、すべて売り物なので、値段つき。この志に、購入というかたちで報いたいのはヤマヤマなれど、やっぱりどれもイイ値段でして…

スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。