購書ときどき読書、まれに訪書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Hollywood Singing & Dancing: 1920s
Hollywood Singing & Dancing: 1920s (Full B&W) [DVD] [Import]Hollywood Singing & Dancing: 1920s (Full B&W) [DVD] [Import]
(2009/08/11)
Various Artists

商品詳細を見る


ありゃ~日本のアマゾンでも買えるんだ。しかも、けっこう安い。
数ヶ月前、アメリカのアマゾンでチェックしていて見つけ、さっそく取り寄せて見た。いいですよ、ええ。
ハリウッドのミュージカル映画の歴史をたどるシリーズの1巻目。
「ザッツ・エンターテインメント」シリーズがMGM作品に限られるのに対して、ハリウッドのすべてのミュージカル映画を対象としていることろが貴重。もっとも、「ザッツ…」が興行を前提とした作品ゆえに、批評や説明よりは、観る楽しさを思いっきり前面に出しているのに対して、こちらはドキュメンタリー作品としての作りを強く出しているので、評論家や生き残りのスタッフの証言などを多めに交えているため、英語が堪能でないと、100%は享受したことにならないのかもしれない。しかし、英語力の低い私でも充分に楽しめる内容になっている。
20年代・30年代・40年代と10年きざみで現代に至るまで、7シリーズが売り出されているが、当方は40年代までの3シリーズ分を購入(ディスク数でだと5枚になる)。私は、ジュディ・ガーランドがMGMをクビになっちゃってから後のミュージカルには、もうあまり関心がないのです。「雨に唄えば」はちょっと別格ですが、「スタア誕生」も「パリの恋人」も、積極的に観たいとは思わない(いはんや「サウンドオブミュージック」をや)。だから40年代までで充分。
中で一番びっくりしたのが最初の20年代の。20年代って言ったって、初のオールトーキーの映画「Jazz Singer」の公開が1926年だし、扱われている作品のほとんどが1929年の製作なのだけれど、1929年にこんなに多くのミュージカル映画が作られていたことを初めて知る。しかもカラー作品が意外に多い。
ま、とにかく、古いミュージカル映画好きにとっては、必見のシリーズでしょう。
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。